「みつばちオーガニックマルシェ」出店者情報 6

11/10(日)
「みつばちオーガニックマルシェ」@道の駅マキノ追坂峠
出店者情報です!

【 あお空テラス 】さん、自己PR

お弁当やお惣菜のお店

化学調味料や添加物をできるだけ使わない体に優しいお弁当やおはぎ、サンドイッチ、お菓子などを提供してます。

椋川で作った野菜や米、椋川産麹を使った発酵調味料も取り入れてます。

「みつばちオーガニックマルシェ」出店者情報 5

11/10(日)
「みつばちオーガニックマルシェ」@道の駅マキノ追坂峠
出店者情報です!

【 MRKスタジオ 】さん、自己PR

自身の酷い肌疾患を、自然に基づいた食事で克服した事をきっかけに、旬の食材とハーブ、出来るだけオーガニックを心がけた、「心と体と環境に優しいご飯」の料理教室やケータリング、オーガニックエステ等、トータルビューティーをお伝えさせていただいています。
自然と共にを大切にしています。

HP:
https://www.mrkstudio-369.com/

Facebook:
https://www.facebook.com/mrkstudio369/

※画像は見本の為ご飯(お弁当)の内容は異なります。

「みつばちオーガニックマルシェ」出店者情報 4

11/10(日)
「みつばちオーガニックマルシェ」@道の駅マキノ追坂峠
出店者情報です!

Biwabochi Beeswax Wrap 】さん、自己PR

びわぼちミツロウラップからは
いま脱プラで話題のミツロウラップが自分で作れるワークショップコーナーを出店いたします。

ミツロウラップとは…
使い捨てプラスチックの代わりに洗って、繰り返し使えてゴミを減らせる、地球にやさしい食品用エコラップのことです。

今回のワークショップでは調合済みのコーティングキューブを使うので、はじめての方でも簡単に何枚も作ることができます。使い方のコツなども直接聞けるまたとないチャンス!

ぜひこの機会に自分だけの特別なミツロウラップをたくさん作って下さいね。お友だちへのプレゼントや手土産にもとても喜ばれますよ♪

みんなを巻き込んで楽しく簡単に脱プラしてみませんか😊

ワークショップのミツロウラップ価格
S(13cm角)¥300
M(20cm角)¥500
L(26cm角)¥700

※製品(完成品)の販売もあります。

Facebook:
https://www.facebook.com/biwabochi/

マキノの庭のミツバチ日記(98)

ミツバチはどうやって巣に戻れるのか?

庭のニホンミツバチの巣箱を見学に来た人たちが一様に感心するのが、遠くから巣に戻る能力。空の高い所から降りてきて迷うことなく巣箱を目指し、巣門から中に戻っていく。このようにミツバチが帰巣できるのも記憶と学習のおかげだ。自分のいる巣箱の独特の臭い、その箱の近くの目立つ松の木、その傍の畑などが記憶にあり、それぞれの臭いに色や形や位置が互いに関連づけられていれば、巣に戻ることはそれほど難しくはないだろう。

私も以前から関心を持っていたこの関連づけ(学習)のことを、少し専門的な感じがするかもしれないが以下に書いてみる。学習と言うと難しく考えがちだが、誰でも簡単な実験で確かめることができる。ミツバチは触角か肢(あし)に毛状の味覚器をもつ。そこに甘味を生じる砂糖水をスプーンなどで接触させてみると、ハチは口先を伸ばして飲み取ろうとする吻伸展(ふんしんてん)を起こす(写真では肢に砂糖水を与えている。私がかつて受けた学生実験を再現)。この行動は高カロリーの糖を摂取するための持って生まれた行動(反射行動)で、学習ではない。

ところが、綿棒に薄めたレモン汁をしみ込ませて触角に近づけてから、すぐに肢に砂糖水を浸すことを数回繰り返してみる。すると、以前には臭いによる刺激だけでは吻伸展を起こさなかったミツバチが、レモンの臭いが来ることだけで、砂糖水の甘みがなくても吻伸展を起こすようになる。これはもともと互いには無関係な二つの刺激(レモン臭と砂糖の甘み)が脳で結びつけられることで行動が変わるいわゆる条件反射によるものだ。この変化はある程度維持され記憶として残る。様々の臭いや色、形もこうして区別され記憶される。

条件反射(古典的学習ともいう)を発見したパブロフ博士(ロシア)の、犬に肉粉とベルの音を組み合わせて唾液の変化を見た実験はあまりにも有名だが、桑原万寿太郎博士(故人)が開発した上に挙げたようなミツバチでの実験は、それとほぼ同じことが昆虫(下等な?!)でも出来ることを示した画期的なことだった。

上のような実験がまだ手探りの段階のとき、桑原さんはあることに気が付いたという。繰り返しての実験の途中、スプーンの砂糖水を肢に近づけただけ(触れてはいない)で吻伸展が起こることがあった。このことから、水の蒸気にも反応して反射が起きているのではと疑った。じつに鋭い観察力だ。念のため砂糖水や蒸留水の入っていない乾いたスプーンを近づけたとき(対照実験)では、反射は起こらなかった。ちなみに、水蒸気に感じる感覚器もあることが後になって証明されている。この類の味覚実験をするときは、事前に水を十分に与えることが必須条件となった。

この夏に、昔に発表された桑原さんの論文(1957 年)を見る機会があり、この実験が具体的に書かれた部分を読んでいて、当時の研究の展開というか「ひらめき」を追体験する面白味を感じた。「今頃になんだ!」と天上(?)の桑原さんは苦笑 しているかもしれない(私は修士課程の頃まで指導を受けたが、その後は別の途に進んだ )。

この吻伸展反射法(PER 法)は今でも昆虫行動の研究に用いられている。ミツバチ脳では農薬ネオニコチノイドによる神経障害が証明されたが、この PER 法がミツバチの神経機能の障害の程度を調べる方法の一つとしても採用されている。(尼川タイサク)

「みつばちオーガニックマルシェ」出店者情報 3

11/10(日)
「みつばちオーガニックマルシェ」@道の駅マキノ追坂峠
出店者情報です!

Clann and Cnoc(クラン アンド クノク )】さん自己PR

鉱物と植物の店
アロマテラピーインストラクターとして自然の恵みを普段の生活へ、
気軽に取り入れる活動を行なっています。

【みつろうリップクリーム作り】
1つー500円 10分〜15分ぐらいでできます。
(材料は全てオーガニックを使用します)

HP:
http://clannandcnoc.petit.cc/

「みつばちオーガニックマルシェ」出演者情報

11/10(日)
「みつばちオーガニックマルシェ」@道の駅マキノ追坂峠
出演者情報です!

熊野義也】さん自己PR

農家応援ソング「にんにく忍者」や
『滋賀県高島市産直市テーマソング』dios北千里 駅前広場など
地域の繋がりから楽曲作り
南米サンパウロの森林でミツバチ現地取材のち
「ミツバチ×Abelha」制作
はたまたご当地ソング石山寺の唄「恋詣」など
年齢・立場を超えた画家とのコラボなど多岐に渡る活動をする。

YouTube:
Yoshinari Kumano

マキノの庭のミツバチ日記(97)

木のうろ(洞)にミツバチの巣

秋雨前線の活発化で日本列島各地に集中豪雨による浸水被害が頻発。当地マキノも激しい雨に見舞われ1時間当たり 22 ミリの雨量が予報に出ていた。その雨上がりの午後、町内の神社に至る道の脇にある一本の木を見に出かけた。目当ての桜の老木の根元近くにくぼみができている(写真1)。はじめは気づかなかったが、そこからの無数の視線を感じハッとして目を凝らした。すると、そのくぼみの中に大勢のマイクロ・エンジェルたち(ミツバチのこと)が小さなつぶらな瞳でこちらの様子をうかがうかのようにしている (写真2)。

大人の掌より少し広いくらいの幅のうろの入口は、奥に行くほど狭くなっているが、隙間を埋める働きバチたちでよく内側が見えない。だが恐らくもっと奥には広い空間があってミツバチの巣板が何枚か収められているのだろう。朝のうち、体を張って豪雨から巣を守ったのだろうか、表にいる働きバチたちの体はまだ濡れていて黒と黄の縞々模様が目立つ。穴の縁にちょっと着いている琥珀色の液滴は垂れてきた蜂蜜と見えたのだが、そっと触ってみると樹脂の硬い塊だった。

私はこれまで立木のうろにできたニホンミツバチの自然巣を見たことがなかった。日ごろ木製巣箱に居ついたミツバチの群や分蜂の時にできる蜂球を見慣れてきたので、本来の木の住処(すみか)に巣を営むミツバチの様子を見るのは新鮮な気持ち。

実は、この住処は、近くの幼稚園に通う虫好きの坊やちゃんが発見したもの。私はその児の親御さんからこの木のことを教えてもらってここに来たのだった。この坊やちゃんには数日前、ミツバチを見たことがないというので、庭に呼んでじっくりと巣箱のミツバチたちを見てもらったばかりだった。それで関心を持ってもらえたのかも。このような目立たぬ巣を見出すその児の観察力にも感心した。

最近のニュースで、岡山市の中心地で、プラタナスの木のうろにニホンミツバチが住み着いているのが見つかり、人が刺されないように木の柵で囲んで保護したという。大人しい種(しゅ)でしかも数が減ってきている希少なミツバチということで、来春の移設までそこに置かれることになったという。

今の世の中、ハチといえばやたら刺すものという固定観念が作られ、ミツバチ、特に大人しいニホンミツバチはとばっちりを受けて危険昆虫として駆除される危険性がある。道端の自然巣も近くの人に誤解され殺虫剤をかけられればお終い。一方、やや目立つところにあるのでスズメバチなどの天敵も来やすい。この群れの今後が思いやられる。

4 日経ってからまた見にいったら、まだ同じところに巣があった。門番役の働きバチたちもこの前に見た時よりは奥に引っ込んでいるので、あまり目立たない。今のところは静観しておくことにした。(尼川タイサク)

みつろうラップを作って使おう!

ミツロウラップは布にミツロウ等を染み込ませて作る、繰り返し使えるとてもエコなラップです。環境にいいし、見た目も可愛くて楽しくなります♪

楽しく環境のことを知ってアクションできるミツロウラップのワークショップをされているBiwabochi Beeswaxwrap(びわぼちミツロウラップ)さんに、高島でワークショップをしていただけることになりました:)

Biwabochi Beeswaxwrapさんのワークショップは座学も堅苦しくなくてとても分かりやすい!ミツロウラップ作りも簡単にできるように材料道具も全部用意してくださるので、気軽に楽しくミツロウラップが作れます。使い方やお手入れ、そしてお家で作るためのレシピまでバッチリ教えていただけます。ご自宅で作れるキットやすでに使っている方はリペア用の材料も購入できます。
子どもたちの未来のため、環境のため、そして自分のためにも、楽しいミツロウラップ生活を始めませんか?

9月17日(火)10時から12時
O&N pop up space にて 高島市新旭町安井川127
参加費:2500円(Mサイズ1枚+レシピ製作方法+資料+コーヒーまたは紅茶付き)
持ち物:エプロン、マスク、筆記用具

はじめにミツバチについて、プラスチックの環境問題、ミツロウラップの使い方、取り扱い方、作り方説明などの座学があります。とっても分かりやすく、楽しくお話をしていただけます:)

その後ホットプレートを使ったミツロウラップ作りを教えていただきます。扱いやすい配合のレシピを教えていただけますよ!ぜひコツをつかんでお家でも作ってくださいね。

※当日お時間ありましたら追加で作ることもできます。
ラップ実費:
Sサイズ¥200
Mサイズ¥300
Lサイズ¥400

参加お申し込み、お問い合わせはこちらまで。

O&N ミツバチまもり隊 共催

「みつばちオーガニックマルシェ」出店者情報 2

11/10(日)
「みつばちオーガニックマルシェ」@道の駅マキノ追坂峠
出店者情報です!

ミネモリサンチ】さん自己PR

マキノの山麓で無農薬有機栽培してる「花.米.野菜のミネモリサンチ」です。
安心安全おいしいお野菜やそれを使ったジャムなどの加工品を作ってます。
今回も、旬のお野菜や果物、新米おむすびなどをお出しします♫

HP:
http://minemorisanchi.main.jp/

Facebook:
https://www.facebook.com/minemorisanchi/

「みつばちオーガニックマルシェ」出店者情報

11/10(日)
「みつばちオーガニックマルシェ」@道の駅マキノ追坂峠
出店者情報です!

SAKU ✨SAKU 】さん自己PR

はじめまして❗
オーガニック食材が大好きな「SAKU ✨SAKU 」の石川淳子です。
今回のマルシェでは、オーガニック食材をふんだんに使った、オリジナルべんとうを販売させて頂きます😊
内容は当日のお楽しみですが、秋の食材を使ったおかずや土鍋炊きのご飯を提供させて頂く予定です。
世の中には、たくさんの美味しいもので溢れていますよね。
わたしは、その中でも太陽と大地と空気と水と人が育てたものが大好きです。
その食材に感謝の気持ちを込めて、愛情たっぷりに調理させて頂きます。
わたしが作ったもので、ほっこりと笑顔になって下さったり、大地のぬくもりを感じて頂ければ幸いです✨

Facebook:
https://www.facebook.com/profile.php?id=100040311578792