マキノの庭のミツバチ日記(55)

スズメバチ・トラップ

今の季節、雑木林に沿った道を自転車に乗って快適に飛ばしていて、よくぶつかりそうになるのがミノムシ。高い樹の枝から糸にぶらさがって空中に浮かんでいるのだ。こちらがうっかり口を開けていると、思わぬ味覚を楽しむ(?)ことになりかねない。次に多いのが飛行中のスズメバチ。それもかなり太いオオスズメバチだ。だが相手もたいていは驚いてくれて、あわてているのか攻撃モードからは程遠い様子。お互い平和的に別れることができた。しかし、初夏になると庭のニホンミツバチの巣箱付近にも天敵のオオスズメバチの姿が目立つようになった。

スズメバチ対策として、庭のサクランボの木の枝に1個のボトル型のトラップをつるしてみた(写真1)。これがまたよくかかる。中の液の正体は、市販オレンジジュース、酢、日本酒それぞれ150ミリリットルを混ぜあわせたもの。2リットル用のプラボトルに入れ、上の方の2か所にX字型の切れ込みを入れている。切れ込み部は内側に少し押し込んでいるので、大型のハチは入りやすいが出にくい、まさにワナになっている。

スズメバチは女王バチが単独で一からの巣作りや、昨秋の交尾で貯えた精子を使って子作りをしている頃で、手勢(つまり働きバチ)が増えるのはまだ先のこと。秋口になって手勢が50頭から多くて100頭ほどにもなると、ミツバチにとって大脅威になる。そこで、今のうちに女王を駆除しておくと防御効果は絶大になるかも。

春からこれまでにこのワナにかかったのは、キイロスズメバチは数頭とわずかだったが、オオスズメバチの女王バチはなんと42頭もかかっていた。その中でも大きいものは体長5センチを超える(写真2)。頑丈なフルフェイス・ヘルメットをかぶっているように見える顔の下部には大あごが隠され、腹部は鎧を着たみたいにガードされている。写真では見えないが尾部には強烈な毒のカクテルを注入できる毒針が収められている。

数年前の年、巣箱を狙う1頭のオオスズメバチを捕虫網で駆除しようとして逆襲されたことがあった。最初の一撃を外してしまうと怖い。逃げたと思って安心していると、折り返し超特急の一直線で戻ってきて狙われたのは私。彼女らの飛行速度は時速40キロととても速い。何とか気付いて体をかわし攻撃を回避できた。この時は油断していて顔を守る面布(網の付いた帽子)をかぶっていなかった。もし刺されるとただではすまなかったかも。

しかし一方でこの獰猛なハチもワナにかけるのは気の毒な感じがする。ボトルの中で懸命に逃げようとしてもがいている姿を見ると気が咎める。スズメバチも昆虫が増えすぎるのをコントロールする自然界での役目があるといわれる。絶滅させて良いというものではない。ミツバチへの偏愛からの暴挙をやってしまったと心痛むことも。妻は、スズメバチさんも酔っぱらって往生するのだからいいんじゃないと言うのだが。(タイサク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA