マキノの庭のミツバチ日記(83)

「待ち箱」を置いて一から始める

前回の日記にも書いたが、庭の巣箱中のニホンミツバチたちは、ほんのひと塊が巣板の間に見える程度の小勢に落ちてしまっていた。この様子だとそのうちに消滅は必至。コロニーが大きくなり分蜂(巣別れ)に向かって期待が高まる時期だが、今年は裏目に出た。

4 月に入っても、季節外れの感じがする雪やアラレが降る日があり、気温が摂氏零度近くまで下がった。ミツバチも小勢では体温を保つのが難しい。この寒さではとても生きてはいないだろうと思っていたら、寒風によろめきながらも外から帰って来る働きバチが 2、3 頭いた。その健気な生き残りのハチたちは仲間のために花蜜を持ち帰っているのであろう。自分一人で蜜を飲んでそのままどこかに姿をくらますようなことはしない。蜜は群れの仲間で分け合うし餓死するときは平等に死ぬ。

4月上旬も過ぎるころ巣箱の出入りがほとんど見られなくなった。私もさすがにこのコロニーを見限ることにし、重箱型巣箱の各段を切り離し解体して中を調べることにした。蜂蜜はほとんどなく蜂児もいない。50 頭ほどの働きバチが箱の隅に固まっているのみ。女王バチを欠いたいわゆる「無王群」だ。3 月初め頃はまだハチ数が十分あったように見えたのだが、次世代を産みだすことがうまくいかなかったようだ。この1群は冬越しに失敗していたことになる。

この巣箱の群の履歴を思い出してみると、たしかにいろいろあった。昨秋の台風襲来時には群れ全体で逃げ出すそぶりを見せていたのを、スプレーで水をかけて脱出を阻止したのだった。その後も、若バチの発達の遅れを気にするなど何かと心配させられた「問題児」であった。

コロニーとしての生命を終えた巣の生き残りのハチはもはや生きものではないなどと言う人もいる。けれども、彼女ら働きバチの健気な振る舞いを目にしてきた私としては、このまま箱をつぶして生き残りを飛散させるのも忍びない。一旦は箱を元のように置いておくことも考えたが、結局は低温麻酔で勇士たちを安楽死させることを選んだ。

だが、分蜂の起きるこの春の盛りに何もしない法はない。気を取り直して、数個の「待ち箱」(分蜂群を誘い入れるための空の巣箱)や分蜂群捕獲の仕掛け(トラ ップ)を庭のあちらこちらに置くことにした。待ち箱の内面には蜜ロウと蜂蜜が塗ってある。ハチ友の井上さんからもらった新作の仕掛け(トラップ)2組を庭に置くことにした(写真1)。分蜂で巣立ったニホンミツバチをその特有の香りで惹きつけるというキンリョウヘン(蘭の一種)の鉢をトラップの下部にセットする。その上に底板をはずした待ち箱を置く。キンリョウヘンの香りが箱の中に充満し、やってきた群れを誘い込む仕組み。もし群れが入れば箱ごと取り外して底板を取り付ければ立派な飼育用巣箱になる。

ただ、キンリョウヘンの花が咲くタイミングを合わせるのが難しい。冬中、暖かい部屋において花芽が出るようにしておいたので、何とか花が開きそう。過去にも分蜂群が他所から来て待ち箱に入ったことは数度あった。最近も、近くの道端に咲いたこぼれ種から咲き出た菜の花に、どこからきたのか数頭のニホンミツバチが採蜜しているのを見かけている(写真2)。確率は低いが望み無きにしもあらず。こうして、また飽きもせずにウィズ・ビー・ライフがリセットとなった。(尼川タイサク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA