マキノの庭のミツバチ日記(84)

ボーイスカウトたちの来訪でワークショップ

地域のボーイスカウトからミツバチまもり隊へ、ミツバチの見学を含むイベントをしてみたいと依頼があった。実は、私のところでは少し前に飼っていたミツバチが絶滅していたが、日記に哀れっぽく経過を書いていたせいか、あるハチ友の方からニホンミツバチ一箱を貸与して下さったばかりのところだった。そこで、まもり隊隊長の小織さんと相談し実施に踏み切ることにした。

下見に来られた指導員の方との打ち合わせを行った 1 週間後の当日、小学 3 年生か少し上くらいだろうか、女子 1 名を含む 7 名のボーイスカウト(カブスカウト) がやってきた。まず 1 列に並んできちんと挨拶をするのには驚いた。指導員の方 3 名が付きっきりなのでこちらは比較的安心。

我が家の裏庭に集まってもらい、始めにミツバチについての一般的注意と行動の特徴を簡単に説明。ついで実地で巣箱の構造の説明(写真1)。そこで「入口はどこ?」という質問が出るとは思わなかった。箱正面の幅 7 ミリ程度の隙間を示す。「ハチがなぜ箱に入って来るの」と、他の子どもからもよい質問。今の時期はハチ家族の数が増え、巣が狭くなり巣別れが起こりやすく、引っ越し先として狭い空間が好まれることを話す。

実際に行き来するハチを見て子供らは驚いた風。巣箱の内側の群れの様子も覗いてもらった。野山が近いこの辺の子供であってもミツバチを見る機会があまりないのか。ハチを見て「かわいー!」との声がでた。昆虫に親しんで欲しいと願って企画した者にとっては嬉しい反応。雄バチを捕まえて雄の尾部には針がないことを示す。ハチの門番が人気を集めた。

一通り巣箱での観察を終えると、皆でクイズと紙芝居(動画**)の鑑賞。小織さんがうまくリードする(写真2)。クイズは子供たちに好評で、質問も次々に出て盛り上がった。ハチの病気についての質問のところでは、農薬や寄生ダニの話に及んだ。紙芝居はちょうどその農薬を扱ったもの。既に見たという子もいたが、皆で最後まで静かに見入っていた。蜂蜜(地元で販売されている既製品)も味見程度だったがそれぞれにサジを配ってなめてもらった。

最後に、蜜ロウでキャンドルを作る実技に移る。携帯ガスコンロに鍋をかざして蜜ロウのブロックを溶かして、液状になったらガラスのカップに流し込む。そして芯を真中に据えて、冷えれば出来上がり(写真3)。

風もなくさわやかな晴天に恵まれ、予定した行事は無事に終了。こちらも思わず微笑んでしまうような可愛らしい仕草の元気な子供たちと、楽しいひと時をもつことができた。彼らがここで作って持ち帰ったキャンドルは、それぞれのご家庭でどのような灯影(ほかげ)を演出してくれるのだろうか。その感想も聞きたいところだ。(尼川タイサク)

(動画**)
紙芝居『こころにたねを』
文・絵 楠秋生
https://youtu.be/BsysauOVkr8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA