植木屋タケさんの蜜蜂日誌201113

11月13日(金) 快晴

「こないだミツバチ見ましたよ!」
と会う人ごとに言われることが多くなった。

数年前までは、
「このごろミツバチ見かけませんね。」
だったので、この違いはなんだろうな~とちょっと考えてみた。

ミツバチが当たり前にいる状態なら、どちらの会話もなされないはず。

どこにでも普通にいるものが居なくなった時に「このごろミツバチ見かけませんね。」と異常を感じ始めるのではないか?

では、「こないだミツバチ見ましたよ!」というのはどうか?

もはや絶滅が危惧されている貴重な生物を発見した喜び、ではないか?

あるいは実際に生息数が回復傾向にあるのか?
(そうなら嬉しいが)

いずれにしても、ミツバチのことを気にかけてもらっているのは確かである。

そしてそれをわざわざ報告してくださるのは喜ばしいことなのだろうと前向きにとらえておこうと思う今日このごろ。。

(気まぐれ不定期連載、次回に続く。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA