マキノの庭のミツバチ日記(24)

ネオニコ殺虫剤が思いがけない「昆虫の避妊」に手を貸すかも

昆虫が避妊をするというのは妙かもしれない(全くないとは言い切れないが)。ただ、ここにあげた文は、ある論文の表題をもってきたもので、ちょっと皮肉っぽい言い回しかも。ハチの生殖異常のことは後でとりあげるが、まずは我が庭の巣箱の近況から始めましょう。

巣箱ののぞき窓を開いて内側を見ると、たまたま育児域が真正面に見え、ちょうど次々と羽化してきているミツバチが見えるところであった(写真。手前のガラス板に若いハチが白い腹をみせて止まっている。その向こう全面に張り出しているのが巣板)。巣房がところどころ空(から)になっていて穴のように見えるが、まだ中に納まってうごめくものもある。空の巣房はこの後きれいに掃除され、順次、蜜や花粉の貯蔵ツボとして利用される。下方はまだキャップ(ふた)がされたままで羽化はこれからというところ。なにはともあれ、順調に増えてコロニー(家族集団)が大きくなっているのは喜ばしい。

さて雄バチの生殖のことだが、昨年、気になる報告が出された。スイスなどの研究者らは、2種のネオニコチノイド農薬が雄のセイヨウミツバチの生殖能力を有意に(統計学的に意味のある範囲で)弱めることを示した(英国王立協会紀要B、2016年)。その実験では、20のコロニーに、それぞれ毎日100グラムのペースト状の花粉が50日間与えられた。実験群には、信じられないほど微量つまり4.5 ppb(ppbは10億分の1の量を示す)のネオニコチノイド系農薬が花粉に添加され、一方の無処理群は無添加であった。コロニーから取り出された若い雄バチは、性的に成熟するまで実験室のカゴで飼われた(世話係としての働きバチとご一緒に!)。この実験は慎重に計画されていて、この農薬添加量は、野外の花粉などに一般にみられるネオニコチノイド汚染濃度に相当していることを、精密分析で確認している。従来のこの種の薬害研究への批判として、非現実的な高い濃度を与えているというのがあったが、その点に配慮している。

羽化してきた雄バチについて調べると、寿命とさらにそれがもつ精子の質において差があるということだった。寿命が短い分だけ生殖のチャンスが減る。また生存精子を調べた結果は、実験群では39%も減少していた。この研究の結果は、ネオニコチノイド殺虫剤が昆虫雄の生殖能力に負の影響を与えうることを初めて示したものという。ミツバチ女王の生殖失敗や野生の昆虫送粉者の減少に一つの説明を付け加えたかも。

「防虫のための広範なネオニコチノイドの使用が想定外の避妊効果を対象外昆虫に与えてきたことを以前から見逃し、それゆえ保全の努力を削いでしまっていたのかもしれない。」との研究者としての反省・警告の言葉が論文に付けられていた。

ネオニコチノイドに起因するとみられる雄の生殖能力の減退は、単に昆虫だけでなく鳥類(神戸大での研究)やネズミとマウスなどについても、これに似た結果の報告がある。人類に近い哺乳類にも影響があることは大いに注目されるべきだ。かつて「環境ホルモン」の関連で人の精子数の減少が心配されたことがあった。当時の話では、今後も時間をかけて研究しないと確定的なことは言えないということだったが、結果は出たのだろうか。(タイサク)

セレマ今津駅前会館出店コーナー

7月21日(金)11:30~14:30 出店します。

販売品目は以下の予定です。
・高島市産はちみつ(菜の花蜜)
・ミツバチまもり隊オリジナルTシャツ
・みつばちチャーム(ドリーム・だんだん)
・みつばちストラップ(ぐりーんらいと)
・ハニカム刺繍ブローチ(Hedgehog needlework)
・ガーデンハックルベリーコンフィチュール(コンフィチュール樹樹)
・「マキノの庭のミツバチの国」(尼川タイサク著)

ご来場お待ちしております!

「高島市の農業政策についての要望書」に対する回答についての公開質問状

平成29年7月10日

高島市農林水産部農業政策課長
中島 勲 様

ミツバチまもり隊
代表 小織 健央

「高島市の農業政策についての要望書」に対する回答についての公開質問状

 当会の平成29年6月5日付け要望書に対し、同月19日付けで回答いただき、誠にありがとうございました。なお、ご回答内容に関し、さらに説明いただきたい点があり、重ねて下記のとおり質問いたします。

【その一】
本年度の市防災行政無線による広報の放送内容と放送期間、回数について、具体的に詳しく教えてください。

【その二】
平成28年度の放送は当初、下記内容でした。(2016年7月21日)

市内では、7月中旬から8月中旬まで水稲の病害虫防除が行われます。
■個人防除をされる農家の方は、風向きなど周辺に十分注意してください。
■市民の皆さんには、早朝からの作業となり騒音などでご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いします。
■防除日程など詳しくは各農協にお問い合わせください。

その後、「病害虫防除は良質米の生産に必要不可欠である。」との文言が加えられたのは、どのような理由からでしょうか?

すでに先の要望書において申しましたように、ネオニコチノイド系農薬が人や生態系に及ぼすリスクは広く認知されるようになり、農水省も規制を含めた取り組みを表明しています。病害虫防除は必要不可欠という市の方針は、このような認識が欠如したもので、安全面への注意喚起が不十分であると当会は考えますが、いかがでしょうか?

本年度の放送も、すでに始まっているようですが、市のホームページに掲載されている防災行政無線情報は、実際の放送内容と異なっており、「病害虫防除は良質米の生産に必要不可欠である。」との文言が記載されていません。これはなぜでしょうか?

また、高島市農林水産部農業政策課が考える「良質米」とはどのようなものでしょうか?その基準値などがあれば、教えてください。

【その三】
粒剤農薬への使用転換を図る農家への市の支援策について、具体的な内容と広報周知の方法について教えてください。

【その四】
「市内でのソーシャルファームの展開に向けての支援の在り方など、調査研究」について、具体的内容を教えてください。(いつまでに、どこで、誰が、何を、どのようにするのか)

【その五】
市の定める「減農薬」の定義について、そして「耕畜連携土づくり事業」について、詳しく教えてください。

以上よろしくお願いいたします。

回答期限   平成29年7月末日
回答の様式  文書による
回答送付先  ミツバチまもり隊 小織 健央

マキノの庭のミツバチ日記(23)

夏分蜂起こる

思えば前日の昼に見た巣箱前でのにぎやかで激しい「時騒ぎ」(若バチの訓練飛行)は、今日のための特訓だったのかもしれない。庭にある巣箱は、今年の5月初めに捕らえられた分蜂群(巣別れをした群)だった。それが夏になってさらに分蜂(夏分蜂とか孫分蜂といわれる)することが予想されていた。まさにその夏分蜂が起きた。

朝8時すぎにY(妻)が台所の窓越しに飛び回るミツバチの群を見て警報を発した。その時はすでに松の木の高いところ付近を、ばらけたハチの無数の群れが煙のように立ち上り拡散しさまよっていた。ハチたちは、やがて7mほどの高いところにある松の木の枝に急速に集まって塊(蜂球)をつくり、羽音の重なった騒音が止んであたりに静けさが戻ってきた。この高さだと私の力量での分蜂群回収はほぼ絶望的。しかし庭師にしてミツバチまもり隊隊長の小織さんに電話してみると、早速、長い梯子(ハシゴ)をもって駆けつけてくれた。

「初めての経験ですけど」などと言いつつ、彼は庭師らしい慣れた足取りで梯子を登って、ゴミ用ポリ袋に蜂球を落とし込んで回収し(写真)、庭に用意した空き巣箱に取り込んでくれた。それに先立ち、蜂球の宿った枝から突き出た邪魔な小枝をうまくカットし、取りやすくしていたが、その際に、ミツバチに指をやられたという。「ハチに刺されて死ぬのなら本望」と言いながら、毒針を抜きとり吸引器で傷口を吸った後、軟膏を塗っていた。

しかし、このような犠牲を伴った我らの最初のアタックは、どうも女王を取り逃がしたみたい。女王が入っていれば、巣箱の入口テラスに出た働きバチ数頭が、尻を上げて未着の仲間の呼び込みをするのが見られるはず。だが、一向にその様子がなく、むしろ元いた枝の方に飛んで出ていくのが目立つ。そして、蜂球が付いていた枝のあたりが、こんもりとしたふくらみを取り戻してきた。

そこで第2次アタック隊出動となるが、木登り本職(?)の小織さんは仕事で帰ってしまっていた。と言っても私とYだけしかいない。ついに私が梯子に上り回収にあたることに。2階くらいの高さのところなので、気が進まない。落下して脊髄損傷、寝たきり老人直行、などと沸き起こるマイナス・イメージトレーニングを振り切っての強行。最近ではハチのことになると特に熱心な我が連れ合いは、今回の緊急事態でハイの状態に。「梯子の下を押さえておくから」というYのランランとした眼(まなこ)に追い立てられるようにして、1段また1段とゆっくり登って行った。蜂球近くに来て手を伸ばすと、さすがに体のバランスがとりにくい。深呼吸の後、何とか足を踏ん張って、袋の中に蜂球を一挙に落とし込む。ドサッという音とともに手応えを感じた。口を閉じて地上まで降ろして、騒がしい虜囚たちのいる巣箱にふたたび押し込む。今度はうまく女王がかかったと見え、巣箱玄関口での呼び込みが見られ、一方、元の枝から塊が次第に小さくなってついに消えた。 

分蜂群は元の家族と餌場を争うのを避ける傾向があると聞く。そこで遠くに移すことにした。譲渡希望を申し出られたマキノのあるお宅を嫁入り先に選定。その地は山際でハチを飼うには良さそうな環境のところ。封印した巣箱を送っていき、胸に生じた小さな空隙を抑えつつ、セッティングを見守った。(タイサク)

マキノの庭のミツバチ日記(22)

甘みのシグナルはリズムにのって

“なぞなぞ”みたいに「これナーンだ」と尋ねながら1枚の写真を示す(写真-1)。なかなか当ててもらえないのは無理もない、これはニホンミツバチの味覚器の中を走るリズム、つまり神経信号を一瞬とらえたものだから。まさに甘さに関
する情報を脳に伝えているところ。砂糖水を口ひげの毛(味覚毛)につけてやるとこれが生じる。


写真-1(甘み情報 ニホンミツバチからの記録)

ミツバチの素早い身のこなし、ちゃんと巣に戻る能力、高い学習能力、それにコミュニケーション力、これらの能力がただの昆虫に備わっていることが信じがたいように思える。だが、ミツバチの体に精巧な神経のネットワークが張り巡らされ、複雑で迅速な情報処理がなされていることを知れば、なんとなくうなずける。神経の働きを見るのはそう簡単なことではないが、ミツバチなどの毛状の味覚器については、割に簡単だ。少し技術的な表現も入れて次に書いてみた。

体の中に配置された神経細胞(ニューロン)は、イオンを含む水とタンパク質と油脂膜などからなる。味覚毛の中の甘味細胞(これは神経細胞でもある)は、甘さ(味覚強度)に応じてイオン(つまり電気)の波を発し、神経繊維を通じて脳に送り出すのが役目。

ニホンミツバチの外葉(口ひげ)に多数ある味覚毛の先端に、ガラス毛細管に入れた砂糖水(例えば7%)をつける(写真-2)。すると、毛の内に来ている甘味細胞に、パルス状の電気波が発生し神経繊維に沿って伝わっていく。このガラス管は電極の役も兼ねるので、その波を拾ってモニターに送り映像を見ることが出来る。私のように湖畔の隠居室の住人にとって、やれることには限りがある。主要なパーツであるAD変換機はネットで買った。毛細管は細いガラス管を炎にかざして手引きで作った。次に、アンプとAD変換機を接続する。さらに釣鐘状に編んだ金網をノイズ除けとして自分の頭から、記録セットも含めて、すっぽりかぶる。そうすると、写真のような波形が取れる。1か月の苦闘のあと成功したのは7年前のこと。


写真-2(味覚毛の先端に砂糖水を浸ける。顕微鏡写真)

写真-1のデータは、0.1秒の短い時間に発生しているクシの歯状の波(電圧のパルス波)を示している。本来はスムーズな波なのだが細かいギザギザが付いて見えるのはちょっと残念(変換機が安物のせい)。この短い時間の間に7発のパルス波が見て取れる。1秒当たりに換算すると70発なので、周波数70Hz(ヘルツ)と言い換えてもいい。この数値だと液がかなり甘いことを知らせている。もっと砂糖水の濃度を上げていくと、波の出方はより密になり、スピーカーで音にして聞くと「ビー」という甲高い音(ダジャレじゃなくて)に近づく。塩水を付けた場合は塩味細胞が働き、別の回線を通じてパルス波を脳に伝え、塩味を知らせる。このように外の世界の味物質の種類と濃さが、ミツバチの感覚器で電気波の出方(周波数)に翻訳され、脳がそれを読んで味情報を知ることになる。そういうふうにミツバチたちの活動の舞台裏をのぞき見て、さらに想像を広げるのも楽しい。

ミツバチの信号化システムと脳での処理システムは重金属や農薬など薬物の影響を受けやすい、大変に精巧なシステムである。それが言いたくてここまで書いてきた。(タイサク)

マキノの庭のミツバチ日記(21)

地震とニホンミツバチの危機管理能力

庭に咲いたクローバーの花に、ニホンミツバチが来て蜜を吸い取っては次の花へと飛んでいく(写真)。見ていると癒される光景だ。大地はのどかで平和だと思いたくなる。だが、先日行ったある地震学者の講演会で、琵琶湖西岸断層帯が活動するときは巨大地震が襲ってくるとのこと。後で質問したら、「お宅のあたりも次の候補地のひとつになってます」とのご託宣をいただいた。

過去の世界各地での大地震の際に、いろんな動物がパニックになり騒いだなどの記録が多数ある。昆虫では、ゴキブリ、カイコ、アリのほか常連としてミツバチが名を連ねる。地震に先立って、真冬なのに巣箱からミツバチが急に逃げ出したといった例が多い。以前、私は神戸にいて阪神淡路大震災を経験した。それからもう20年以上経つが、その大災害のことは脳裏に刻まれている。当時出版された体験報告集には、ミツバチが1月の寒い中にもかかわらず突然現れ、翌日に大地震が来たという記載があった。

ミツバチは体内に、地磁気に応じる磁鉄鉱の顆粒を持つことが証明されていて、ミツバチのナビゲーション(航行術)との関連がいわれて久しいが、まだはっきりしていない。しかし大地震前段階で起こるとされる電磁気環境の異常があれば、ミツバチたちは気づいてくれるかもしれない。「その時は真っ先に私に知らせてね」と巣箱に向かって語りかけても、無邪気に飛び立つ外勤バチからは何の反応もない(あたりまえ!)。

ミツバチの一家族が群れ丸ごとで逃げる(逃去という)ことがある。特に、ちょっとしたことでも逃去が起こりがちなのはニホンミツバチ。ただしセイヨウミツバチは養蜂家によるケアーに慣れていて、定住性があるといわれる。「逃げるのはニホンミツバチ本来の姿」とは飼育ベテランの言葉。数千から万の群れの持つ特性が危機管理に生かされている面がある。巣箱にできた不都合な隙間を塞ぐのは人海(蜂海?)戦術で朝飯前。スズメバチの襲来に対しては、まるで球場での野球チーム応援のウェーブみたいな動きをすることもある(振身行動という。もちろんこの場合は「あっちに行け!」という威嚇だ)。強敵オオスズメバチに対しては、身を隠して様子を見、スキを見つけては多勢で相手を包み込みボール状になって熱死させる特技もある。

ミツバチは一妻多夫制をとり、多数の父親から由来する多様な遺伝子をもつ働きバチを数多く生み出し、その様々の個性ある持ち駒で危機に対応する。だから何もしない怠け者と見える者も実は予備軍として待機しているのかも。そしていざとなれば「逃げるが勝ち」の生き方をとってきたニホンミツバチは、危機の段階・程度にうまく対応した体制と回復能力をもつ。だが、旧来の危機管理術にも限界がある。遺伝子に納まるプログラムにまだ未登録の外来種ダニ・ウイルスや、無味無臭の新規農薬(例えばネオニコチノイド系)、そして地球温暖化などにたいしては、十分な備えが出来ていないということだろうか。(タイサク)

マキノの庭のミツバチ日記(20)

空を掃く朝

朝、庭に出ると箒(ほうき)を持ち出して、地面を掃くのではなくて空を掃くことが日課になった。というのも、5月中頃からミツバチの群れが我が庭に住むようになったからである。勤勉な働きバチが朝の仕事に出かけようとするとき、まさにそのコース上に、見えないワナが仕掛けられている。クモの仕業だ。クモの糸については、極細であっても鋼鉄よりも強い(断面積あたりで耐える力を測ると)という実験がなされている。その見えない強力なワナが、木立や建物、物干しなどを利用して至るところの空間に仕掛けられている。ミツバチを保護する立場からするとさすがにこれはまずい。そこで、私の朝一番の仕事のひとつは箒で家の周りの空を掃きまくって、邪悪な意図を未然にくじくことだ(クモさん、ごめんサーイ!)。もう一つの仕事は、テレビの今日の天気予報をミツバチに代わって調べること。

先日、滅亡に至った巣箱の群れ(キンリョウヘン・グループと名付けておこう)のことを記した。だがその一方で活発に勢力を増しつつある一群れが身近にいることを無視するわけにはいかない。それはキンリョウヘン・グループがやって来る数日前のことだったが、琵琶湖対岸の地に住むBee仲間のIさんらが、ニホンミツバチ一群れの住む巣箱1個を、それまで蜂空白地だった我が家に持ち込んでくださった。その群れのルーツは山梨県から移入したものだそうだ。アカリンダニの寄生に強い群れで、手作りの巣箱(写真)もその地の技術導入がなされている、とIさんは言う。こうして、新手の一家が裏庭に住み着くことになった。

この巣箱は木製の重箱型2段組みで、正面下部の横板には高さ7ミリほどの入口(巣門)があり、この板全体は端を蝶番で止められており、扉のように開閉できるので、掃除や中の巣板の観察に便利である。横板中央には鉛筆が通りそうな大きさの丸い穴が開けられている。この穴の意味が不明(ファイバースコープ用?)だが、見ているとハチが結構楽しげにここを潜り抜けている。さらなる工夫として、巣箱の底板部分だけでも引き出して掃除できるようになっている。天井にはスノコ状の隔離板の上に樹脂の網が敷かれ、そこに紙にくるまれたメントール(ハッカ)の結晶が10グラムほど置かれている。これはアカリンダニを抑制するためのもの。一番上に板の蓋が置かれるが、そこにも一部に網が貼られ、通気がしやすいようになっている。小さな隠し窓が2段目の箱枠に取り付けられているので、内側の巣の様子をのぞき見ることができて便利だ。

巣箱が運び込まれたときは、分蜂群捕獲のときから20日経過しているということであったが、いまや巣板も大きく、先端が底に達しそうになり、もう1段の箱枠を入れて増設したのは最近のこと。ついでに台座も入れ替えた。一人では難しかったが、幸いにもミツバチまもり隊の隊長小織さんに手伝ってもらえた。新調のパーツはIさんがあらかじめ用意してくれていたので、取替え作業がスムーズに運んだ。ということで現在は3段の箱になっている。この一家はすごく活発で勢いよく増えているので、先が楽しみだ。(タイサク)